FC2ブログ

2019.07
06
08


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>おでかけ(category)  TotalPages2 next

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州旅行 その1 子連れ旅行のTips

Wed

7月の終わりから8月の頭にかけて、2度目の家族旅行に行きました。

2週間前に三重にお泊り旅行に行っていた事もあり
どうにかなるかな、と割と楽観的に出発。

今回の旅の目的は
・東京でemyちゃん家族とランチすること
・軽井沢で美味しいフレンチを食べること
・松本城に行くこと
の3つでした。

KJさんと1ヶ月くらい前から旅行プランを練り、
emyちゃんとはメールのやりとりをして調整し、
アッキーを電車慣れ、お泊り慣れをさせていざ出発、という
私たちにしては計画的に進めてました。

0歳児連れの旅行のポイントはいくつかあるなあ、というのが
個人的な感想。

◎移動手段
まず、子連れ、夏休みということもあり一番気にしたのは移動手段。
行きの京都→東京、東京→軽井沢は新幹線。
長野県内はローカル線+レンタカー。
帰りは松本→名古屋が特急、名古屋→京都は新幹線、と
アッキーは4ヶ月にしていろんな車両に乗ることになりました。

写真は長野新幹線。ポケモン新幹線でした。
090819信州旅行1


新幹線は普通車の一番後ろの座席、グリーン車の一番前の座席等いろいろ試しましたが
結局のところ、車両の一番前の座席が一番よかったと思います。
前でも後ろでもスペースがあるのは良いのですが、
一番後ろだと既に他人のキャリーバッグが座席の裏側に置かれていたりして
ベビーカーを思うように置けない可能性があります。
一番前だと、特にグリーン車の場合は広めなのでベビーカーを折りたたまずに
そのまま置くことも出来、抱っこをずっとしなくてもよかったのは助かりました。

行きの新幹線内で。長野新幹線、グリーンの一番前の座席でした。
090819信州旅行2

※ただし、折りたたまずにすむかどうかは車両によります。
折りたたんだとしてもスペースが広いのは何かと便利です。

移動にはローカル線、レンタカーも使いました。
ローカル線は車内は問題はないですが、エレベーターがないところが多いので
そこが大変です。

写真は、今回乗ったハイブリッドこうみ(小海線)
090819信州旅行4


私たちは三重旅行の時にもその点は分かっていたので、
今回は自分たちの荷物はリュックとスポーツバッグでできるだけコンパクトに
両手が空くようにしておいたので何とかなりました。
特にうちのベビーカー(これ)は重いので…。必須です。

しかし、この重いベビーカーはベビーシートも兼ねてるので、その点では
レンタカーの際に重宝しました。
レンタカーでは念のためベビーシートもレンタルしていましたが
アッキーはいつも乗りなれている自分のベビーシートの方がよかったみたいで
レンタル品ではずっとぐずりまくり。
レンタルしなくてよかったなあ…。と、反省。
それにしても、トラベルシステムタイプはほんとに便利。
アッキーが寝ていても、起こさずにベビーカー⇔車が可能ですから。

写真は松本から帰る前、ホームにて。
090819信州旅行3
信州は涼しすぎたので、アッキーは重装備です。



◎宿
子連れで頭を悩ますのが宿。
このとき、アッキーはまだ寝返りはしないものの、寝るところとお風呂、ごはんが
ネックになってきます。
私たちが考慮したポイントとしては
・畳の部屋で布団かどうか
・お風呂が部屋付かどうか
・食事が部屋食かどうか
です。
だけど、夏休みということもあって、これらをクリアする宿はほとんどなく
結果として
一泊目:ログハウスでベッド。食事なし(朝・夕とも)。家族風呂が別に有。
二泊目:民宿で畳で布団。食事は大広間。お風呂は通常の大浴場のみ。
となりました。

4ヶ月で寝返りをしなければ、シングルのベッドでも何とかなりました。
家族風呂も夫婦で協力すればOK。食事がない場合は子連れOKのレストランへ。
困ったのは、大浴場のみのお風呂。
仕方がないので、
私だけ入浴、アッキーは部屋でKJさんが見る。
その後、アッキーを連れて入浴、湯船はなし。ベビーベッドが合って助かりました。
KJさんも同時間帯に入浴。

ベビーベッドに転がしといてもよかったのかもしれませんが
広い空間に他人がいつ来るかわからない状態では、置いておく勇気がなかった…。
これからハイハイやたっちをし始めるともっと大変なのでしょうね…。


◎食事
食事もやっぱり大きなポイント。
アッキーの食事は母乳なので、授乳ケープさえあればどこでもOK。
生活リズムもついてきた頃なので、大体の計画は立てられましたが
車内で愚図りそうな時もケープをかけて授乳で乗り切りました。
そういう意味では離乳食が始まる前は、荷物も少なくて楽かも。

で、旅行に来たからには大人も美味しいものが食べたい。
なので、宿では食事なしにして、子連れOKのレストランを探したり
美味しいお店を事前にネットで調査したり、食事に関しては前もってリサーチしておくことが必須。
特にレストランなんかは予約も必要だし、ベビーカーでOKかどうかも確認が要ります。

子供がいる場合は和室が一番気が楽かな。
ベビーシート持ち込んで、寝させておくのもひざで抱っこしておくのも
授乳もオムツ替えも何とかなるし。
でも、今回の旅行ではテーブル席のところばかりでした。
愚図った時は、大急ぎで食事をしてKJさんと交互で抱っこ。
この場合は、残念ながらもう味なんてよくわかりません。
これは子育てしている人の宿命なのでしょうね。

あと、今回は新幹線やらローカル線やら特急やらによく乗ったので
パン類を買い込んで、車内で食べることも多かったです。
その土地のおいしそうなものを安く買って、手軽に食べる。
結構これで乗り切れる部分も多かったかも。


アッキーにできるだけ負担をかけずに、でも自分たちも楽しみたい。
4ヶ月で旅行だなんて、と言われることもあるけど、
赤ちゃんの性質によっては十分可能という印象。
今度は早く海とかに連れて行って、一緒に泳ぎたいなあ…。
(いまはまだまだお風呂で水遊びの練習中)





スポンサーサイト

三重旅行 その3

Thu

三重旅行、完結編です。

旅行中、天気予報はずっと雨模様と予想していたため
早起きして出かけることに。
日本でも有数の雨が降りやすい三重県のこと、心配しながらの出発です。

朝、I氏がお迎えに来てくれてさっそく伊勢へ向けて出発。
雲が厚いけれど、なんとか天気はもってくれそう…。

お伊勢さんへお詣りに。
子連れということもあり、外宮は省略して内宮へ。
ちょうど橋の架け替えをしているところでした。

090719三重旅行9

伝統ある建築方式の途中を垣間見た感じ。

内宮をしばらく歩き、五十鈴川で御手洗となります。
アッキーが晴れ男っぷりを発揮して、うっすら光が射すほどになっているなか
奥まで進んでいきます。

090719三重旅行10改

本殿近くでは撮影禁止のことで、階段下でパチリ。
まるで後光が射してるかのごとくです。

090719三重旅行11

I氏の解説付きで、無事お詣りを済ませた後は、腹ごしらえ。
おかげ横丁を散策し、定番の赤福をいただきます★
実は、赤福は私の大好物。ぺろりと頂きました。
写真では、アッキーもご機嫌なのですが、この直後愚図ってしまい
ゆっくりする間もなく退散…。もっとお茶が飲みたかった…。


今回の旅の主目的は伊勢神宮のお参りだったため、
私たちは目的が達成でき一安心。おまけに雨もほとんど降らずアッキーさまさまでした。
その後、またもやI氏のお勧めのお店へ連れて行ってもらい、海の幸を満喫。

090719三重旅行12

いろんな刺身がありますが、追加であわびの刺身も注文。
食べきれないくらいの量でした。刺身だけでおなかがいっぱいになるなんて、なんて贅沢♪
ただ、アッキーは人が多かったせいか、お店でもぐずりっぱなし。
人が多くて騒がしいところはちょっと苦手なようです。


お昼を終えた後は、また松阪方面へ。
I氏といろんな話を交えつつ、着々と旅の終わりは近づいていきます。
アッキーも疲れてきたこともあり、車の中から松阪市内を散策。
職業柄とはいえ、I氏の知識の深さと解説のうまさには感服しっぱなしです。
予定していた電車のぎりぎりまで案内してくれてほんとにありがとう。

そして、近鉄特急で帰る…予定だったのですが禁煙席が満席というまさかの失態!
1時間電車を待つか、JRの在来線で帰るか夫婦で協議した結果
在来線を乗り継いで帰ることに。

090719三重旅行13改

JR東海の在来線の普通電車で松阪→亀山乗換え→柘植へ。
そしてJR西日本の在来線普通電車で柘植→草津、草津から新快速乗換えで→京都。
無事帰ってきました。
時間としては30分程度のロスで済みました。
乗り換え時に階段でベビーカーを上げ下ろしするのは大変でしたが
車内はすいているし、ボックス席以外のシートもあったので、十分ゆっくりできました。
意外となんとかなるものです。

今回は、アッキーにとって初めてのお泊り旅行。
病気もけがもなく、楽しむことができてよかったよかった。
また、いろんなところに行こうね。

三重旅行 その2

Sun

松阪方面に向かい、車でUターン。

090719三重旅行6

夕食はもう一人の旧友であるY氏とその奥さんも合流して
松阪牛といえば「和田金」ということで、ぜいたくに。

アッキーももちろん座敷に連れて行きます。
和田金では個室の座敷ですき焼き、仲居さんがすべてやってくれるので
らくちんです。

おいしいお肉を卵でつるっと食べて、あーおいし。
とっても甘くて贅沢なお味です。
そして、アッキーはその間座布団で指をくわえて待っています。

090719三重旅行8

ひとしきり食べた後、Y氏と奥さんにアッキーを預けてみます。
まったく泣くこともなく、すぐになじんでご機嫌さん。
まるでY氏の家の子供になってしまったようです。

090719三重旅行7

お次はI氏のひざの上にちょこんと座って、操り人形のように何やら手を動かされています。
I氏が今はまっている三波春夫の赤穂浪士の曲に乗せて、腹話術人形のようです。
腹見えてるし。


久々の旧友との再会でもあり、たっぷりと楽しい時間を過ごせました。
おいしいものを食べながらお話しするのって、時間が経つのがほんと早い。
帰りの電車の時間が迫るY氏達を見送ったあと、松阪のビジネスホテルへ向かったのでした。

三重旅行 その1

Fri

三重県に初の3人家族旅行に行ってきました。
首もしっかり据わったアッキー、長時間の電車やドライブはどうかな~って心配もしたけど
案ずるより産むが易し、何とかなるものですね。

今回は、三重県に住む旧友を訪ねて私自身は3年ぶり。
以前は結婚する直前で、和歌山と奈良の県境近くでラフティングをして
楽しみました。

そのとき食べたお鮨もおいしくって、是非KJさんにも食べてもらいたいなと
今回の旅行を企画。
中学・高校時代の友人、I氏のトークも久々に聞きたくなり楽しみにしてました。

旅の始まりは京都駅の近鉄特急から。
090719三重旅行1

実は、特急に乗る直前にちょっとしたイザコザが夫婦間でありケンカをしたのですが
それをみてアッキーもやや不機嫌に。いかん、いかん。
待ち合わせの伊勢中川まで2時間くらい。朝食を車内で食べながらちゃんと仲直り。
直通特急があったのはよかったのですが、ベビーカー持参だったため大変!
特にうちのはベビーシート部分は折りたためないですから邪魔でしたが、
他の方のご好意で車両の一番前に置かせていただきました。
それでもアッキーをずっと抱っこするのは結構大変。
車窓も見せたいし、がんばって景色を見せたり。

授乳はケープを使って車内で、でOKでした。
困ったのはオムツ!
専用シートはトイレにないため、便座の蓋の上にバスタオルを敷いて
夫婦二人がかりでゆれる車内で泣くわが子をなだめつつどうにか実施。
そうこうしているうちにあっという間の2時間でした。

駅について早速オムツを交換。駅構内はどこでも大体おむつ台はありますからねえ。
換えれる時にちゃんと換えとかなきゃ。
改札口で待っていてくれていた友人I氏の車に乗って、早速尾鷲方面へドライブです。

アッキーは電車では抱っこしていてもちょっとぐずったりしていましたが
ベビーシートに載せると、いつもの場所といった感じでおとなしくしてます。
尾鷲に向かう途中のビューポイントでちょっと休憩。

090719三重旅行2

深い緑色の山々を抜けてのドライブ。遠くに伊勢湾の海が覗きます。
少しかすんだ景色も、なんだか雰囲気があってなかなかいいもの。
向かう先の尾鷲は日本の中でも一番雨が多い地域ということもあり、
なんだか山の木々はつややかに見えます。
I氏によると、人の手を入れなくてもあっという間にはげ山も木が生えてくるとか。
その理由は雨が多くかつ日照量も多いことにあるそうです。
途中、ソフトクリームを食べたりしながら、I氏の解説で熊野古道や伊勢道のお話を聞きながら
13時ごろに尾鷲に到着。

以前、I氏と同じく旧友のN氏そしてその彼女(現・奥さん)のemyちゃんと共に
晩御飯に訪れたことのあるお鮨やさんです。
I氏は三重県内でいろいろお鮨を食べたそうですが、ここが一番おいしいとのこと。
カウンターでいただきたいところですが、子供連れということもありお座敷で。

090719三重旅行3

ネタは近海でとれたものだけでなく、東京・築地からも仕入れているそうです。
というか、I氏は常連すぎて、大将や若大将ととても仲がよいみたいです。

090719三重旅行4

お鮨はどれもおいしかったですが、一つ選べといわれると…
イカがとても甘くて、シャリもあわせた味になっていて絶品でした。
アジもおいしかったし、海老もプリプリでした。
印象に残っているのは、シャリがネタごとに丁寧に違う味付けがされていることと
山葵がおいしかったこと。
丁寧な仕事をされているお寿司屋さんであることがよくわかります。
は~、また食べたいなあ…。


食事の後は、まげわっぱのお店を訪ねて溜息を洩らしたりしつつ
熊野古道センターへ。

090719三重旅行5

新しい施設ということもあり、バリアフリーでベビーカーでも快適です。
とても大きな施設でモダンなデザインで木が使われています。
施設内の熊野古道に関する展示をこれまたI氏の解説付きで見て周り
また、併設展で電車に関するものもあったので、これまた見ておりました。

ひとしきり見て回った後、松阪へ向けてUターンしたのでした。

ママ友とランチ

Mon

ママ友とランチに出かけてきました。

おうちが少し離れているので、どこで待ち合わせするか迷ったけど
梅田は人が多いしとのことで、千里中央に。

うちからだとJR+地下鉄でもモノレールでも行けるのだけど、
エレベータなどが充実していて空いているモノレールを選択。

この日は小雨で傘を持参。
ベビーカーにレインカバーはないので、ゴミ袋も念のため持参…。

久し振りにあったのは、会社の同期の奥さんのMちゃん。
お互い同い年で結婚した時期も、出産した時期も近いので
一度ランチしたいね~と、今回の運びになりました。

Mちゃんのところのゆうなちゃん、うちと1ヶ月違いですが体格はほとんど同じ。
まずは阪急に行って授乳&オムツ替え。
デパートはやっぱり子供連れには優しく、便利です。

その後、駅前ビルに入っている梅の花へ。
和室の個室があり、子連れ用にタオルケットも用意。
ベビーカーは店の前に置いておけば店員さんが見てくれるし助かります。
私はベビーシートだけ外して和室に持っていったのだけれど、
店員さんが「最近は便利なのがあるのね~」とびっくりされてました。

ランチはコースメニューをゆっくり食べて、子供たちは座布団や畳でごろん。
ごはんを食べ終わるまで、アッキーはずっとベビーシートで寝てました^^
食べ終わった頃に起き出したので、抱っこしてあやしたり授乳したり。
ちょっと申し訳ないと思いつつ、オムツ替えもさせてもらって(特に注意はされなかった…)
ゆっくりおしゃべり。

子育て支援センターとか近所のママ友はどうやって出来るのか、とか
子供二人は欲しいけど、高齢出産にならないようにしたいね~とか。
同い年ならではの悩みもお互い話してスッキリ!

お昼の3時ごろ、またランチしようね~と約束してバイバイしました。
帰りもそんなに雨は降ってなくて助かったな。
もう電車のおでかけもこわくない!です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。