FC2ブログ

2019.03
02
04


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOMEスポンサー広告産前産後>出産時の思い出 2

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産時の思い出 2

Sat

出産時の思い出 2

ミュージカルを見た直後に破水していることが分かり、あわててこじに報告。
とりあえず大阪府内に住む実家に電話して車を用意してもらい、同じく府内の自宅へ送ってもらう。

入院準備は前日にたまたましていたので、鞄をもって病院にいったのが22時半頃。
このときは穏やかな腹痛があるものの、友人にメールをする余裕もあり
これから起こる出産に対して「やるぞ~!」という気持ち。

病院に着いたら破水を確認し、即入院。
初産なので明け方から陣痛が本格的になるだろうとのことで
陣痛室で休んで様子を見ることになり、こじはいったん帰宅。

初めてのことだらけで陣痛がよく分からず、定期的に来る痛みの時間をはかりながら
ベッドで横になったのが深夜0時くらい。
そのうち10分間隔になってきたので、助産士さんに連絡。
痛みの前後は実際の陣痛ではないとのことで、まだまだですよと言われる。

午前3時くらいから「いててて」と小さい声が出るくらいに痛みが出てきて
またもや助産士さんに連絡。
まだ子宮口は3センチで、これからですよ~と言われるけれど
これから急激に痛みに襲われる予感がしたので、こじを呼び出すことに。

こじが来てくれたのは4時くらい。
NSTもつけて胎児の様子も見つつ、痛みの時にはマッサージをしてもらう。
ちなみに、陣痛の時には
・腰にホッカイロ(生理痛のときと同様)
・腰のツボ押し(生理痛のときと同様)
・お尻の仙骨押し(子宮口が開き出してから)
であぐらかいて座るのが一番マシでした。

そのうち痛みが酷くなってきて、深呼吸もままならなくなってきたときに
胎児の心拍が低下してきて。
医者が来て、とりあえず様子見になったものの
あまりに私が痛がるので、大事をとって分娩台で様子を見ることに。
(午前6時くらい?)

分娩台では陣痛が来るたびに仙骨を押してもらい、助産士さんに呼吸をリードしてもらう。
どうしても痛くて呼吸が止まるので、赤ちゃんに酸素を送るように怒られながら。
子宮口6センチのときに、陣痛時に私が痛がるたびに胎児の心拍低下が見られ
酸素吸入器をつけられ、しっかり深呼吸することを言われる。

もう痛くてたまらない私は、こじがちゃんと励ましてくれないことにイライラしつつ
(こじはこじで、心拍低下を見て、母子共に気が気でなかったらしい)
いつまで続くんだろう…と不安に思いながらがんばって深呼吸してました。
そのうち強心剤を打たれたりして、それでも心拍低下が収まらないのでとうとう帝王切開に切り替え。

医者から緊急帝王切開になります、と言われたときは
内心「やったー!!早く出しちゃってください!!」との気持ちでしたが
実際は酸素マスクもしてるからうんうん頷くだけ。
帝王切開に切り替えになったので、張り止め(ウテメリン)を点滴され陣痛が遠のくのが
ほんとに痛みから解放されてうれしかった!

8時くらいから手術の準備で手術室に連れて行かれて、こじとはバイバイ。
はじめてみる手術室にドキドキしながらも、痛みがなくなって少し余裕が出てきて
周りをキョロキョロ。
体のあちこちに針をさされながら(点滴やら注射やら麻酔やら)
硬膜外麻酔なら初めから無痛分娩がよかったな~とか思いつつ
周りのスタッフの方たちになされるがままに。
たくさん針刺されても、さっきまでの陣痛に比べれば全然大丈夫~と変にハイテンションで
手術ってどんなのかな、とちょっと緊張気味に。

9時になると執刀の医者が二人来て、手術開始。
いろいろ話しかけてくれたし、いつも見てくれてた先生だからリラックスモードで
臨むことが出来ました。
9時59分、オギャアーと産声をあげながら男児出産。
横に抱かせて貰えたときには感無量の気持ちで涙がポロポロ。
今でも思い出し泣きしてしまいそうです。

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://vitamincolour.blog42.fc2.com/tb.php/5-b80d7ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。