FC2ブログ

2019.10
09
11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOMEおでかけ>三重旅行 その1

三重旅行 その1

Fri

三重県に初の3人家族旅行に行ってきました。
首もしっかり据わったアッキー、長時間の電車やドライブはどうかな~って心配もしたけど
案ずるより産むが易し、何とかなるものですね。

今回は、三重県に住む旧友を訪ねて私自身は3年ぶり。
以前は結婚する直前で、和歌山と奈良の県境近くでラフティングをして
楽しみました。

そのとき食べたお鮨もおいしくって、是非KJさんにも食べてもらいたいなと
今回の旅行を企画。
中学・高校時代の友人、I氏のトークも久々に聞きたくなり楽しみにしてました。

旅の始まりは京都駅の近鉄特急から。
090719三重旅行1

実は、特急に乗る直前にちょっとしたイザコザが夫婦間でありケンカをしたのですが
それをみてアッキーもやや不機嫌に。いかん、いかん。
待ち合わせの伊勢中川まで2時間くらい。朝食を車内で食べながらちゃんと仲直り。
直通特急があったのはよかったのですが、ベビーカー持参だったため大変!
特にうちのはベビーシート部分は折りたためないですから邪魔でしたが、
他の方のご好意で車両の一番前に置かせていただきました。
それでもアッキーをずっと抱っこするのは結構大変。
車窓も見せたいし、がんばって景色を見せたり。

授乳はケープを使って車内で、でOKでした。
困ったのはオムツ!
専用シートはトイレにないため、便座の蓋の上にバスタオルを敷いて
夫婦二人がかりでゆれる車内で泣くわが子をなだめつつどうにか実施。
そうこうしているうちにあっという間の2時間でした。

駅について早速オムツを交換。駅構内はどこでも大体おむつ台はありますからねえ。
換えれる時にちゃんと換えとかなきゃ。
改札口で待っていてくれていた友人I氏の車に乗って、早速尾鷲方面へドライブです。

アッキーは電車では抱っこしていてもちょっとぐずったりしていましたが
ベビーシートに載せると、いつもの場所といった感じでおとなしくしてます。
尾鷲に向かう途中のビューポイントでちょっと休憩。

090719三重旅行2

深い緑色の山々を抜けてのドライブ。遠くに伊勢湾の海が覗きます。
少しかすんだ景色も、なんだか雰囲気があってなかなかいいもの。
向かう先の尾鷲は日本の中でも一番雨が多い地域ということもあり、
なんだか山の木々はつややかに見えます。
I氏によると、人の手を入れなくてもあっという間にはげ山も木が生えてくるとか。
その理由は雨が多くかつ日照量も多いことにあるそうです。
途中、ソフトクリームを食べたりしながら、I氏の解説で熊野古道や伊勢道のお話を聞きながら
13時ごろに尾鷲に到着。

以前、I氏と同じく旧友のN氏そしてその彼女(現・奥さん)のemyちゃんと共に
晩御飯に訪れたことのあるお鮨やさんです。
I氏は三重県内でいろいろお鮨を食べたそうですが、ここが一番おいしいとのこと。
カウンターでいただきたいところですが、子供連れということもありお座敷で。

090719三重旅行3

ネタは近海でとれたものだけでなく、東京・築地からも仕入れているそうです。
というか、I氏は常連すぎて、大将や若大将ととても仲がよいみたいです。

090719三重旅行4

お鮨はどれもおいしかったですが、一つ選べといわれると…
イカがとても甘くて、シャリもあわせた味になっていて絶品でした。
アジもおいしかったし、海老もプリプリでした。
印象に残っているのは、シャリがネタごとに丁寧に違う味付けがされていることと
山葵がおいしかったこと。
丁寧な仕事をされているお寿司屋さんであることがよくわかります。
は~、また食べたいなあ…。


食事の後は、まげわっぱのお店を訪ねて溜息を洩らしたりしつつ
熊野古道センターへ。

090719三重旅行5

新しい施設ということもあり、バリアフリーでベビーカーでも快適です。
とても大きな施設でモダンなデザインで木が使われています。
施設内の熊野古道に関する展示をこれまたI氏の解説付きで見て周り
また、併設展で電車に関するものもあったので、これまた見ておりました。

ひとしきり見て回った後、松阪へ向けてUターンしたのでした。

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://vitamincolour.blog42.fc2.com/tb.php/70-616c5562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)