FC2ブログ

2019.01
12
02


12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水疱瘡

Sat

アッキーの水疱瘡は大変でした。

お正月休みが明けて保育所に登所し、熱が出て大変だったんですよ~と
先生に報告などしていたところ、夜に発疹を発見。
ひょっとして突発性発疹だったのかしら?と思い、次の日に先生に聞くと
「そんなに間を空けてでることはないから、水疱瘡じゃないかしら?お医者さんにみてもらってきて」
と言われて、朝から病院へ。
診察を受けると水疱瘡に認定、登所禁止で登園許可書がないと保育所に行けない事に。

一般的に水疱瘡は7~10日で治るので、長期に渡って会社に出社できなくなるため
双方の両親に連絡、日程調整をして予定を立てました。
大体は午前中は私が家でアッキーの面倒を見て、昼からおばあちゃんに来てもらって私は出社。
午前中から会社に行かなくては成らない日は、アッキーと二人で実家に帰って実家から出社。

仕事がたまって大変だったけど、いつ治るか分からないし、双方の両親にはずいぶん迷惑をかけて
助けてもらいました。
今まで子供の熱などで休むということがほとんどなかったので、子供を育てながら働く大変さを
改めて肌で感じることが出来ました。
自分たちの両親がたまたま近くにすんでいたから助かったものの、
そうでない場合はやっぱり大変だなあ、というのが今回の感想。

数年前、仕事上で関係があったフランスのとある会社の担当者と話した時に
「日本で共働きの人はたいがい子供の祖父母に協力してもらっている」
「フランス(パリ)ではたいがい核家族だから両親が助け合ってる」
と言うような話になったことを思い出す。
ヨーロッパの国々、特にフランスは労働時間管理が厳しいこともあってか
みんなが家族を大事に、プライベートを大事にしている印象だったな。
日本はプライベートを犠牲に、というのは以前より減ったと思うけど
会社システムとして時間の拘束が多すぎて、家庭に割く時間がなかなか取れないのが実情。

日本の会社が悪い、とまでは言わないけど、せめてもう少し男の人が育児休業を取るのが
あたりまえになったらいいのになあ…。
先頭切って取得してくれないかな、KJさま。

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://vitamincolour.blog42.fc2.com/tb.php/89-1e26dfd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。